NAGOS NAGOS

名護市親川にある自家製木灰そば『さわのや』

さとうきび畑に囲まれた一本道を進むと、突き当りに見えてくる木造の建物。

民族資料博物館と自家製木灰そば『さわのや』がある名護市親川に行ってきました。

さわのや

住所:〒905-1146 沖縄県名護市親川628−1

TEL:0980-58-3356

営業時間:11:30-18:00

定休日:火曜日

駐車場:パーキングの看板がある箇所

 

『さわのや』から始まるストーリー(。・・。)

メニューを選ぶ時間はいつも楽しみっ!

あれもこれも美味しそう(〃ω〃)!!とメニューに釘付けです。

今回ご紹介させていただくのは、『軟骨ソーキそば』ですが、全種類(三枚肉・軟骨ソーキ・ソーキ・もも肉(赤肉))の味が楽しめる『さわのやそば』もおすすめです。

幸せのてんこ盛りですね(*ノェノ)キャー

 

どんぶりのサイズは、入り口にて選べます。店内に入る前に、入り口に置かれている小・中・大のどんぶりでサイズをチェック!

 

((o(´∀`)o))ワクワク

『軟骨ソーキそば』と『ジューシー』

第一印象は、出汁が濃い!!

運ばれてきてからの第一印象は、出汁が濃い!!です。

カツオ、豚がら、鶏がらをベースとした出汁は、あっさりとしていて、

じんわりと美味しいが体に染み渡っていくのを感じます。

( ´ー`)フゥー...と幸せのため息が(*´ェ`*)

 

お箸で切れちゃうほどトロトロの軟骨『さわのや』で一番人気の『軟骨ソーキそば(中)』

美味しさの衝撃が走ります。

しっかりとしみた味にいくらでも食べれる!と胃袋が騒ぎだします。

お箸で切れちゃうほどのトロトロの軟骨は、”美味しい”と言う言葉しかでてこないツワモノです。

 

『ジューシー』との出会い九州や大阪の物産展で、『さわのやのジューシー』と言えば特に人気が高い商品!

ごぼう、たけのこ、しいたけ、にら、にんじんなど具だくさんで、もちもちとした食感ですが、一度食べるとまた食べたくなるほどやめられない味です。

 

美味しいがいっぱいなので、帰り際にほっぺたがしっかりとついているか確認して下さいね(^^)

夢がつまった場所

店内は、たたみとテーブル席があります。

ぎっしりと壁に飾られた色紙には、訪れた方たちの夢が書かれています。

 

様々なエピソードをお伺いすることができましたが、特に印象的なお話をひとつご紹介。

18歳のときに大阪から沖縄旅行に来て、『さわのや』を訪問した子が残していった夢。“5年後なにしてるのかな?結婚しているかな?”と。

その子が23歳のときに「色紙を回収しに来ました!」と夢が叶ったと再来店したそうだ。

そして、色紙を回収し、また“再来店”と色紙に書いて帰っていったという素敵なお話。

 

「夢を書いて叶ったときに、『さわのや』を思い出して、沖縄旅行に来るきっかけになったら嬉しい!」

と話す店主。いつかここから夢を叶えて、有名になる方が現れるかもしれませんね。

 

そんな『さわのや』は、オープンして15年の月日がたつ。(2019年2月記事作成)

 

昭和49年に母親と一緒に『レストラン五番街』というレストランをオープンさせた。東京で修行をつんだ店主が作る洋食の料理は、地元でとても人気のお店だったようです。そこから、お弁当屋さんをしたりと変化を重ねる中、民族資料博物館を訪れたときに見つけたこの土地が気に入り、心機一転『さわのや』をオープンしたそうだ。

そこからは、試行錯誤を重ねながら、『さわのや』の味を作り上げ、唯一無二の麺が誕生!

 

以前は、店舗にて製麺を行っていたが、現在は本部町に製麺所を構えてそこで製造を行っているそうです。

 

8年前には、2号店となる本部店をオープン。

本部店は、息子が後を継ぎ、二代に渡って『さわのや』の味を届けている。

本部町では、メニューに残してほしいと『レストラン五番街』の頃から引き継がれる『ビーフカレー』があるそうだ。※本店にはありません。

 

ひとつのことだけではなく。いいところを残しながら

挑戦と進化をしていく『さわのや』

そばじょうぐぅ必見の木灰そばのお店です(^^)

 

ところで木灰(もっかい)そばってなに?

違いがなにか気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

工程としては、麺を作るときに使用する水に違いがあります。

ガジュマルなどの木を燃やしてできた灰を木灰といい、それを水に浸した木灰水をかん水の代わりに練り込んこんだ麺を『木灰そば』と言います。しかし、木灰水を作るには、最低2ヶ月の期間が必要となり、1キロの木から2食分しか取ることができない貴重なものなんです!

 

独特の風味があると聞きますが、特に気になることはなく、美味しくいただけます。

麺の食感もぜひ楽しみながらいただいて下さい。

民族資料博物館の真嘉比さんが集めたコレクションがこちらにも展示されています。

(民族資料博物館は後日、詳細をご紹介します♪)

団体さんも対応可能です。

 

『さわのや』の自家製木灰そばが自宅でもいただけます。

1kg(中5人前)650円、よもぎ麺750円

から販売していますよ♪

※よもぎ麺は、よもぎの汁を麺とあわせて作っています。

トッピングに、よもぎをのせて風味を堪能して下さい!

 

美味しいがぎゅーっと凝縮された『さわのや』にぜひ訪れてみて下さい(^^)

 

さわのや

住所:〒905-1146 沖縄県名護市親川628−1

TEL:0980-58-3356

営業時間:11:30-18:00

定休日:火曜日

駐車場:パーキングの案内がある場所であれば特に指定なし

 

 

 

 

SHIORI
この記事を書いた人:SHIORI

ライターのSHIORIです。
沖縄県北部に位置する名護市の魅力を
「深掘り」発信しています。
名護市を楽しむきっかけになれば嬉しいです♡

名護の魅力がたくさんの人に届きますように
.....ヾ( 〃∇〃)ツ

一覧に戻る
  • SANGO

    ”ファッションで名護の自然を守る”がコンセプトのアーバンサーフブランド「SANGO」
    都会的で海を感じさせるデザインが、リラックス感を演出しカジュアルに着こなせます。

  • RINKS

    日々の生活が少し豊に、明るくなるモノを世の中に。

    持っていることで、使うことで、心が豊になり、日々の生活が少し楽しく、少し明るくなるモノを創ります。

    その少しの明るさが、大きな明かりになること願って。

  • NEW BRAND