NAGOS NAGOS

名護市城にある『沖縄そば あいあい』

名護市の繁華街の中にある『沖縄そば あいあい』をご紹介です!

(関連記事:名護市の繁華街『みどり街』

 

以前は夜営業していましたが、2018年12月に昼営業へと変更しました☆

メニューも一新!沖縄そばをメインとした内容となっています。

胃袋に訪れた訪問者

どのメニューも全部おすすめ!!
なのですが、今回は「なん骨ソーキそば」に「ジューシー」を追加してオーダー♪


運ばれてきたボリューム満点な「なん骨ソーキそば」にテンションがあがります♪

早速、いただきます(*´﹃`*)♡

出汁がスーッと胃に優しく染み渡り、その後を追いかけるそばの麺!

そして、白ねぎと塩こんぶの山をかき分けて出会うなん骨ソーキをパクっと一口。

 

”美味しいな~♡”とるんるん気分で体が揺れます♡

胃の中でカチャーシータイムの開催です♡HAPPY♪

※定食メニューをジューシーへと変更(+100円)が可能ですが、そばメニューの場合ジューシーは単品での注文となります。

しいたけやこんぶ、にんじんや豚肉が入ったジューシーは、あいあいのそば出汁で炊いたもの♪

具材の旨味もプラスされ美味しい!!おそばのお供としてぜひに一緒にどうぞ♪

 

炙ったなん骨ソーキが絶品です!

丼に盛る前に炙られるので香ばしさがたまらない。

口にいれたときにポンっとはじきだされるうまみ成分と

噛まなくてもすぐになくなってしまうほど柔らかく煮込まれた『なん骨ソーキ』がめちゃくちゃ美味しい。盛られた白ねぎと塩こんぶは欠かせないアクセントになっています。

 

天然素材を使用したこだわりの出汁にも注目

お店によって出汁の取り方、麺の太さも異なる表情があるのも沖縄そばの面白いところ♡

『沖縄そば あいあい』のそば出汁は、調味料を使用せずに天然素材からとった出汁!!

出汁骨やかつお、にぼしなどが合わさり“まさに、うま味の相乗効果や~”と頭の中に彦○呂がやってきます。

 

各テーブルにセットされている調味料もお好みでチョイスしてお気に入りの味を見つけながらぜひ最後までお楽しみください♡

トッピングで「フーチバー(よもぎ)」をのせていただくのも沖縄そばを楽しむ食べ方。

クセが強く独特の風味を持つ「フーチバー(よもぎ)」ですが薬草の王様ともされ、美容と健康にも良いのでぜひ、沖縄グルメならではの食べ方も楽しんでみて下さい(^^)

 

沖縄を感じられる温もり溢れる空間。

席は、テーブル、掘りごたつ、カウンターがあります。
ほんわかと和んだ雰囲気が居心地の良さをさらにアップさせています。
畳の椅子が個人的にツボです♡ティッシュカバーや店内に流れる音楽も、より一層沖縄を感じることのできるアイテムとなっています♡

”和気あいあい”と意味が込めらた店名にピッタリなほど、とても素敵な方たちとの出会いも嬉しい時間になります。

お伺いした日には、”ほんわかと柔らかい雰囲気のちあきさん”と”いかつい見た目だが笑顔が素敵な料理人ののぶさん”のふたりで切り盛りをしていました。

 

売り切れ次第終了となるので遅めに訪れるという方は、向かう前に確認して来店することをおすすめします(^^)沖縄旅行に来る方、北部へと遊びに来る方、北部の方や遊びに来た友だちを観光案内する方、みーんなにおすすめしたい場所です!

沖縄を感じることのできる空間の中で出会う美味しいがお気入りのお店のひとつになると嬉しいです♪

 

ぜひ名護市へとお越しの際のお食事のプランの参考にして下さい(^^)

黄色に塗装された外観が印象的なのですぐに見つけることができるかと思います。

 

沖縄そば あいあい

住所:〒905-0013 沖縄県名護市城1-8-3

TEL:0980-54-1555

営業時間:11:00~16:00(売り切れ次第終了)

定休日:日曜日

駐車場:名護市営駐車場

(管理人さんに”あいあいに食事です”と伝えて下さい!)

 

IORI
この記事を書いた人:IORI

ライターのIORIです。

観光名所として知られる名護から

観光案内では紹介されないようなローカルな名護の情報をお届け♪


名護の魅力がたくさんの人に届きますように

…..ヾ( 〃∇〃)ツ


一覧に戻る
  • SANGO

    ”ファッションで名護の自然を守る”がコンセプトのアーバンサーフブランド「SANGO」
    都会的で海を感じさせるデザインが、リラックス感を演出しカジュアルに着こなせます。

  • RINKS

    日々の生活が少し豊に、明るくなるモノを世の中に。

    持っていることで、使うことで、心が豊になり、日々の生活が少し楽しく、少し明るくなるモノを創ります。

    その少しの明るさが、大きな明かりになること願って。

  • NEW BRAND