NAGOS NAGOS

名護市大北にある癒やしの『しまねこカフェ』

国道58号線から少し市内地を冒険してみませんか?!
2016年9月にオープンした『しまねこカフェ』

地元の方はもちろん、外国の方にも徐々に注目を集めている人気のスポットを見逃しては勿体無い!

名護に住んでいるからこそ紹介できる穴場カフェをみなさんにも教えちゃいます(^^)

 

しまねこカフェ

住所:〒905-0019 沖縄県名護市大北5丁目9−17

   リバーパークマンション101

TEL:0980-43-5100

営業時間:12:00〜17:00

定休日:日曜日・月曜日

駐車場:敷地内どこでも可能

HP:http://simaneko-okinawa.com/blog/

 

大きな垂れ幕が目印!

アパートの下に設けられている店舗は、淡白な外装からは想像つかない世界がカフェの中に広がっています。身近にあるものをアレンジして作った内装は、広く開放感がありゆっくりとくつろげる空間に。

とここまでは、よくあるカフェスタイル。

しかし『しまねこカフェ』の魅力はそれだけではないんです!!

 

大きく開放されたガラスに隔てられた向こう側には、

very very cuteな猫社員たちがお出迎えしてくれます♡

人気の席はカウンター♪猫の様子を存分に観察できちゃうのが嬉しい。

食事スペースと猫ルームはしっかりとわけられているので安心ですよ(^^) 

cuteなインテリアに囲まれて

『しまねこカフェ』は猫好きには外せないカフェですがインテリアもお洒落です!

様々なアイディアがいっぱい!ワクo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oワク

おすすめの“ベーコンとほうれん草のクリームソースパスタ”

重くなく飽きることもなくあっという間に完食してしまいます!

そっとやちょっとじゃ他に負けないクオリティーの高さ。

数種類のパスタの他特性ミックスピザなどもありますよ~♪

 

食後は、もちろんデザートタイム♡別腹です。cuteなパンケーキ。写真にばっちりおさめて下さい!

猫社員たちとの触れ合いも楽しめる

食事を楽しんだあとは、猫社員と触れ合いの時間に。

入場料300円(小学生200円・3歳以下無料)で猫ルームへと入場できます!

※入場料は、ワクチン代や猫社員へのご褒美などに使用されます。※猫ルームでのマナーはしっかりと守ってあげてね!

個性豊かな9匹の猫社員たち

ユーモア溢れる名前の猫社員たち。

これまでカフェ経験のある猫カフェプロや

厳しい審査を通過した新人猫など個性豊かな猫社員が9匹!(2017年09月現在)

セクシー系の猫もいれば、cuteな猫、寝てばかりの猫もいれば、好奇心旺盛な猫など様々。

ずっと観察していたい癒やしです。きゅん。

 

『しまねこカフェ』の立派な猫社員!かわいい猫ちゃんとの撮影会が始まること間違い無し!

とびきりのショットをぜひ。

就労継続支援活動も行っています

『しまねこカフェ』で働く仲間は、

障害がある人もない人も、みんなで協力しながら仕事をしています(^^)

他の人よりちょっと苦手なことが多いだけ。不器用だけど一生懸命!!

ときにはうまくいかないことがあるかも知れない。だからこそできる喜びを味わうことができる!

そうしてみんなで協力してつくりあげているカフェです♪

 手作りの猫雑貨も販売中

作家さんが作る作品は、どれも丁寧で心のこもった雑貨たち。

猫好きにはたまらないお気に入りの1品が見つかるかもしれません!

 

名護市に遊びに来た際には、ぜひ知ってほしい場所です(^^)

 

しまねこカフェ

住所:〒905-0019 沖縄県名護市大北5丁目9−17

   リバーパークマンション101

TEL:0980-43-5100

営業時間:12:00〜17:00

定休日:日曜日・月曜日

駐車場:敷地内どこでも可能

HP:http://simaneko-okinawa.com/blog/

 

SHIORI
この記事を書いた人:SHIORI

ライターのSHIORIです。
沖縄県北部に位置する名護市の魅力を
「深掘り」発信しています。
名護市を楽しむきっかけになれば嬉しいです♡

名護の魅力がたくさんの人に届きますように
.....ヾ( 〃∇〃)ツ

一覧に戻る
  • SANGO

    ”ファッションで名護の自然を守る”がコンセプトのアーバンサーフブランド「SANGO」
    都会的で海を感じさせるデザインが、リラックス感を演出しカジュアルに着こなせます。

  • RINKS

    日々の生活が少し豊に、明るくなるモノを世の中に。

    持っていることで、使うことで、心が豊になり、日々の生活が少し楽しく、少し明るくなるモノを創ります。

    その少しの明るさが、大きな明かりになること願って。

  • NEW BRAND